コリノのブログ

スマホアプリやゲームを制作していますNoriNoriProjectのブログです。おススメレトロゲームや観光スポットもあるよ。

【スポンサーリンク】

アプリ公開しましたーキックボクシング ガールズ

東京オリンピック開催を記念して、キックボクシングゲームアプリ『キックボクシング ガールズ』(キックボクシングはオリンピックの種目ではないけれど、ボクシングがあるからいいですよね😸)のアプリゲーム、公開致しました。

play.google.com

格闘技ゲームシリーズ第一弾のキックボクシングゲームです😸

f:id:NNP:20191130222954p:plain

アイコンの画像です。左の青コーナーの選手が、プレイヤー担当の主人公、おなじみのアスリートちゃんです😸右の赤コーナーの女性選手が新登場キャラのセミロングちゃんです😸

 

f:id:NNP:20191130223234p:plain

タイトル画面です😸

セミロングちゃんは、コンピューターが担当です😸攻撃力は、アスリートちゃんの倍ありますので、打ち合いになったら負けます😸うまくかわしながら攻撃してください。

 

f:id:NNP:20191130225432p:plain

試合開始です。1ラウンドの60秒の試合です。

 

f:id:NNP:20191130225634p:plain

女子選手を操作し、方向ボタンで移動し、Pボタンのパンチ、Kボタンのキックで攻撃してください。パンチは、攻撃スピードが速いですが、攻撃範囲がせまいです。逆にキックは、攻撃スピードが遅いですが、攻撃範囲が広いです😸


f:id:NNP:20191130225458p:plain

セミロングちゃんのキックは破壊力抜群です😸Dボタンで敵の攻撃をかわせます。タイミングよくかわしてください😸

 

f:id:NNP:20191130225529p:plain

パンチもらっちゃいました、いててですね😸Dボタンや移動ボタンで、敵の攻撃をうまくかわしてください😸

 

f:id:NNP:20191130230031p:plain

ノックアウト(KO)負けです😿セミロングちゃん、すごく強い😿

 

f:id:NNP:20191201215417p:plain

試合開始29秒で負けちゃいました😿セミロングちゃんは、かなりの強敵です🙀

 

f:id:NNP:20191201215557p:plain

勝てるようなったら、次は最短KO記録に挑戦してみてくださいね😸

 

GooglePlayで公開中です。無料ですので、よろしければ遊んでみて下さいませ😸

敵キャラも追加予定ですので、これからもよろしくお願い致します。

play.google.com

 

おすすめレトロゲームブックとゲームー火吹き山の魔法使い

みなさま、こんにちは。

前回に続きアドベンチャーゲームブックのご紹介なのですが、こちらはなんと、Switch版があるんです😸

「火吹き山の魔法使い」こっちもすごく面白いのでご紹介です。

f:id:NNP:20191123181912j:plain

上記画像は、任天堂株式会社様のニンテンドーストアから引用致しました。

(ゲームブックの選択枝が画面に出てくるんです。これはこれでいいですね😸)

実は、このSwitch版のゲームを遊んで、アドベンチャーゲームブックを購入し始めたのですね😸

火吹き山の魔法使いは(昔話みたいなタイトルですね)、イギリスの作家、スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストンさんの作品で1982年に刊行され、2002年にも再刊されたそうなんです。 

ちなみにファイティングファンタジー(ffって省略されてましたがファイナルファンタジーみたいな)というアドベンチャーゲームブックのシリーズの第一作目だそうです。前回のソーサリーもffシリーズなのです。同じ世界観の設定で、共通のキャラクター等もでてくるらしいです。ただ、遊んだことないのですが、SFみたいなストーリーもあるらしいですね😸今までまったくしらなかったのですが、すごい世界ですねffシリーズ😸 

引用元:アマゾン

こちらは、アドベンチャーゲームブックのほうですね😸このレトロ感満載の表紙が素敵ですよね😸

そして最近、火吹き山の魔法使いはニンテンドーSwitch版が発売されたんです😸ちなみに、ニンテンドーストアの紹介ページには、このアドベンチャーゲームブックは「80年代に世界中のゲームファンを熱狂させた」と紹介されてました。欧米等での人気はすごかったんでしょうか?😸

ゲームブックで空想するのと、コンピューターゲームで画面に出てくるのと、両方同じ世界を遊べるんです😸いいでしょ😸

ゲームブック版もSwitch版もどっちも楽しいです😸Switch版は、キャラクターも選べたり色々追加されているので、昔にゲームブックのタイプを遊んだ方も楽しめると思います。

またSwitch版も、ゲームブック版の挿絵など雰囲気というか世界観は一緒ですので、ご安心くださいませ(ゲームブックではないですが、ネットではアニメや漫画のゲーム版が、ちょっと違うんじゃない、みたいなご意見をたまに目にするので・・😹) 

引用元:アマゾン

こちらは、新しい版みたいですね😸絵のリアリティ感がありますね😸

わたしでも楽しかったので、ゲームブック版を当時遊んで方々なら、懐かしさもあって、Switch版をより楽しめるのではないでしょうか😸

昔のゲームはシンプルだけど、やっぱり奥深さがスゴイですね😸 

引用元:アマゾン

 これもFFシリーズの21作目?なんでしょうか😸内容はよくわかりませんが、表紙とタイトルからして、すごく面白そうです😸 

引用元:アマゾン

 これなんかも、もう、表紙のよくわからない欧米から見た日本みたいなセンスが最高に素敵ですね😸読んでみたいんですけども、プレミアがついて結構、高いんです😸

引用元:アマゾン

こちらはffシリーズじゃないんですけど、すごく気になってます😸なんか、タイトルと表紙だけでも、すごくステキで面白そうなんです😸「あなたは猫妖精のティルトになり、バンパーを倒して、リンゴの樹を奪い返さなければならない。項目数1000を誇る、世界最大の名作ゲームブックが蘇る!」って紹介文に書いてあるんですけど、猫妖精ってなんだろ?なんかカワイイ😸すごく面白そうなんですよね😸読んでみたいなー😸

楽しそうな本がたくさんあって、全部読むには、いくら時間があっても足りないですね😸

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまたね😸

 

おすすめレトロゲームブックーソーサリー

みなさま、こんにちは😸

突然ですが、ゲームブックってご存知でしょうか?

私も、ネット等で以前から存在は知っていたのですが、最近、気に入って買ってるんです。

今回は、購入したゲームブックの中でもお気に入りのソーサリーのご紹介です。(ものすごくマイナーな分野なので、知ってる方は、すごく少ないと思いますが😹)

この本は、スティーブ・ジャクソンさんというイギリスのゲームブック作家さんの作品です(っていうか、表紙のタイトルにスティーブ・ジャクソンのソーサリーって、おもいっきり書いてありますね、昔のバラエティ番組のタイトルみたいですね😹)。1985年に最初のタイプが発行されたのですが、2003年にも復刻版が発行されたそうです。私は表紙のイラストが気に入ったので、最初のバージョンを購入致しました。(新しいタイプの表紙の絵も素敵です😸)

f:id:NNP:20191120233259p:plain

引用元:アマゾン

(なんか表紙のイラストからしてすごいですよね😹最初違和感があったんですが、慣れてくるとなぜか深みを感じてしまう😹)

 ゲームブックを知らない方のために説明しますと、冒険小説なんですが、文章の最後に選択肢と番号がふってあって、選んだ選択枝の番号の文章にページをめくって移動します。ちょうどコンピューターゲームのアドベンチャーゲーム(前回ご紹介した、シャドウゲイトみたいなゲームです)を自分でページをめくって進めていく感じです。さらに、なんと!戦いやイベント等で自分でサイコロを振って判定するのです😸びっくりですね😸

だから、途中の文章が目に入ってしまったり、ズルしようと思えば、いくらでもできちゃったりするんです😸(でも、ズルするとつまらなくなるので、ダメです😸)

だから読んでると「コンピュータで便利にできるのに、なんで本でわざわざやる必要あるの?」って言われちゃったりしてます(とくにこのソーサリーはスマホ版もあるんです)。

もちろんその通りなんですが、本のページをめくるときの感触みたいなのがアナログ感があっていいんです😸わかっていただけるでしょうか?😹

あと、デジタルデータだけじゃなくて、本として残ってるのもなんかいいでしょ😸

引用元:アマゾン

(表紙からして、すごく怖いんです。でも中の挿絵(まさにイラストっていうより挿絵って感じなんですよ😸)は、ナント、さらに上をいってます🙀)

そうなんです、私のソーサリーのお気に入りは、その挿絵なんです😹

というのも、すごくおどろおどろしいんですけど、なんか不思議な味わいがあるんです😹なんか名画みたいな😸なんか中世ヨーロッパぽいんです😹

これが本家のファンタジーなのかなって感じの画風なんです。

 最近では、ヨーロッパなんかでも、お寿司やラーメンが結構おいしいんですが、やっぱり日本の味と少し違うんです😹そんな感じで、ヨーロッパの方々のファンタジーのキャラの感じって、日本のアニメ風のとは感覚的に少し違っていて、ソーサリーの絵みたいのが本家って感じなんじゃないでしょうか(もちろん日本のファンタジーも海外で大人気なので日本のアニメキャラクター風はそれとは別に、海外の方たちにもすごく魅力的で素敵なんだと思いますが)それとも、単に古い本だからだったりして😹

 あんまり詳しくないのに、へんなこと書いちゃいましたね😹 

引用元:アマゾン

これが最初の巻です。コンピューターゲームみたいに各巻にラスボス的なモンスター?が存在します😸このライオンみたいのはマンティコアというモンスターだそうです😸(なんか人面犬ならぬ人面ライオンみたいですね😹)

あと、コンピューターのゲームしか遊んだことがない方の場合、変わっていて面白いと感じられるのはゲームブックの魔法がすごく工夫してある点じゃないでしょうか😹

なんと、ゲームの最初に魔法の書を暗記しなくてはならないのです😹びっくりじゃないですかこのシステム😹(最初にみたら、基本的にはもう見てはならないルールになってるんです)ほんとに覚えなければならないなんて、ある意味コンピューターゲームよりもリアルですね😹(大丈夫、3文字でしかも類推できるので、大変ではないです😹)

なんと4部作で、ぜんぶ読み終える?のはすごく時間がかかりますが(わたしも少しづつ読んでたので数カ月かかったかも)、すこし変わったゲームを遊びたい方は、または変わった本を読んでみたい方は、ぜひ一度読んでみて下さいませ。

引用元:アマゾン

(これが最後の巻です😸全4巻の中で一番長いんです)

わたしは、全4巻の中では特に2巻目が一番面白かったですね😸

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは😸 

おススメ?レトロゲームーシャドウゲイト

みなさま、こんにちは😸

今回ご紹介するのは、1989年にケムコさんから、ファミコン用に発売された、シャドウゲイトとというアドベンチャーゲームです。このファミコン版は1987年に発売されたマッキントッシュ版の移植なのです。私は、ファミコン版と、さらに移植された3DS版を遊びました。

このゲームは、ファミコンのゲームをネット等で調べて作成した遊んでみたいゲームのリストの中のひとつでした😸

ただ遊ぶ方の好みによって、かなり評価が変わるゲームだと思われますので、タイトルは、おススメ?としております😸😸😸

f:id:NNP:20191103223456j:plain

上記画像は、ニンテンドーストアのシャドウゲイト(英語版)の紹介ホームページより引用致しました。

ブログを書くため調べてみたら、なんと、ニンテンドースイッチ用にリニューアルされて英語版が発売されていたんですね😸画像がすごいカッコよくなってるんですけど🙀びっくりですね😹

このゲーム、普通のアドベンチャーゲームと違うのは、なんか、翻訳しているためもあって、ところどころ、主人公のセリフがオモシロイんです。

シリアス?な場面とセリフがあまりあってなくて、なんかシュールでオモシロイんです。

www.youtube.com

 引用元:YouTube

やられたところを、まとめられた方の動画です😸

ほんとに自称勇者って感じで、セリフがすごく面白いんですよね😸

ちなみに画面の死神さんは、ゲームオーバー時に「ざんねん!!わたしのぼうけんはこれでおわってしまった!!」ってセリフと同時に、必ずでてきます😸

引用元:アマゾン

こちらは3DSのダウンロード版ですね。ファミコン版と同じグラフィックです😸

当時リアルタイムでファミコン版を遊んでいた方のお話だと、その当時に子供たちの間ですごく流行っていたアドベンチャーゲームブックにすごく似ているとのことでした。たしかに、ネットで調べたり、何冊か買ってみたのですが、にてますね😸

王道のファンタジーゲームの世界観って感じです😸

ただ、魔法の名前がただ文字を逆にしただけだったり、当時、陸上で有名だった選手がセリフにでてきたりして(ただちょっとちがうみたいなんですが😸)、遊び心?手抜きじゃないですよ😸も満載でした。

もちろん、私はゲーム内容も、面白かったと思いました。コンティニューできるし、攻略サイトもあるので詰まることもないと思います。

引用元:アマゾン

なんとびっくり!NINTENDO 64で、続編まで発売されていたんですね😹

密かに人気があったんでしょうか😸ネットだとあんまり評判よくなかったんですが、続編まで出てるなんて、すごいです😸

シャドウゲイトって、Switch版もスマホ版もあるので、ほんとは意外と名作なんじゃないでしょうか😹😹

ちょっと、お調子者で、怖がりなところもある(いろいろ独り言で語ってくれますので、ぜひ遊んで確認してみて下さいね)お茶目な勇者を操って、ぜひ王国に平和を取り戻してください😸

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

おすすめレトロゲームーラストハルマゲドン

皆様、こんにちは、コリノです。

今回、おススメしたいレトロゲームは、ラストハルマゲドンです😸

なんかすごいタイトルでしょ。ゲーム史上最大のタイトルじゃないでしょうか。なにしろ、ラストのハルマゲドンですから😸すごすぎます。

でもタイトル倒れのゲームじゃないんですよ😸

このゲームはブレイングレイさん(調べたら今は、もうないそうです😿)から、最初はPC88用に1998年に発売されたゲームなんですが、その後、PC98等の他のPCやPCエンジン、ファミコンにも移植されたゲームなんですね😸

f:id:NNP:20191112221944p:plain

引用元:上記画像はYouTubeの下記URLより引用致しました。

https://www.youtube.com/watch?v=pf7DQcJRDtw

私はこのゲームを、「PCエンジンを持っているならば、絶対に遊ばなくてはダメだ」と言われて、PCエンジンマニア?の方から頂いたのです😸(なんとその方が、持っているのを忘れて?間違えて買ってしまって2つ持っていたので1つ頂けたのです😸)

このゲーム、オープニングのアニメから、スゴイんです。なんか、それまで遊んできたゲームと全く違う世界観なんです。こっちも、前回紹介した、スナッチャーほどではないですが、怖いです🙀グロテスクという点ではこちらのほうがすごいかも🙀🙀🙀

www.youtube.com

引用元:YouTube 

ねっ、すごいでしょ、オープニングにすごく力、入ってます😸😸

なんか不気味カッコいいって感じですね😹今の映画とかのオープニングよりも、わたし的にはカッコいい!!(あとスライムくんたちの代表者も、ちゃんと会議に参加してるんです😹気づきました?おじゃる丸の貧ちゃんみたいなんです・・・😹)

そしてナレーションの人のしゃべりかたが淡々としていて、より一層不気味さが醸し出されてます😹

このゲーム、基本的にはRPGなんですが、普通というかドラクエとか一般的なRPGと、体力回復とかイベント(天変地異という大ダメージを受ける)とか、とにかく、いろいろなシステムが、ちょっと違います。だから今までのRPGと変わったゲームが遊びたい方には特に、おすすめです😹

なにしろ、主人公キャラ達が普通のRPGではおなじみの敵キャラのスライムやスケルトンとかがプレイヤーキャラなんですから😹システムが違っていて当然ですね😹

さらに昼と夜と、月に一度のサルバンの破砕日という謎の日、で使えるパーティキャラが違うのです😸こんなRPG他にはないよね(あったらスミマセン)

あと、合体というのもあります。このゲーム、スライムとかスケルトンとかRPGでお決まりのやられ敵キャラたちを合体させてパワーアップできるんです😹 

引用元:アマゾン

(えっ外伝!こんなのもあったんですね😸びっくりです😸こっちは知りませんでした😸面白そうですね、でもメガ・CD専用なんですね)

王道の普通のRPGの対極って感じですね😹

ただ、このゲーム、世界観とか設定が特殊なだけのゲームじゃないんです😹

一番はストーリーがなんか深いんです😹

なんと、主人公のモンスターくんたちが、愛とか優しさとか、を取り戻していくストーリーなんです😸このギャップすごくて、途中のアニメシーンになんかスゴイ引き込まれちゃうんです😹もしかして、ギャップ萌え的なものを狙っていたのでしょうか?😹😹😹素敵すぎです😹

そして、なんといっても、敵発見のときの「獲物がいたぜ」も忘れちゃダメですね😸


www.youtube.com

引用元:YouTube

(なんか戦闘の音楽も今、聞いてみるとカッコいいですね😹)

今のインディーズゲームとかでも、ここまで尖ったゲームはあまりないのではないでしょうか😸かなり尖りすぎですけど・・・😸

かなり難しいゲームだったし、クリアまで結構時間がかかったような気がします😸でも、アニメーションとか豊富で飽きずに進めました😸

そしてなんと最後はなぜか、さわやかなエンディングだったんです😸いったい、なんなんですか!😹

最初オープニングの時点ではエンディングも世界滅亡的な、なんかすごい恐ろしい感じで終わるんじゃないかと思ってたのに、もう裏切られっぱななしでした😸

今までの正統派RPGに飽きた方にはぜひおすすめですよ😸

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまたね😸 

おすすめレトロゲームースナッチャー

こんにちは、皆様お元気でございますでしょうか😸

今回皆様にご紹介致したいレトロゲームは、スナッチャーでございます。

このゲームは、最初に1988年、コナミさんから、PC88用にから発売されたコマンド選択式のアドベンチャーゲームです。その後、MSXやPCエンジン、セガサターン等用にも発売されました。人気だったんですね。ちなみにアドベンチャーゲームなんですけど、ところどころでシューティング(射撃ゲームみたいな)になる所があります。

私の場合は、PC88版が実家にあったんですが、実はちょっとグロテスクな感じだったので、その時には、あんまり遊ばなかったのです。その後、中古のPCエンジンCDーROMを買ったあとに、レトロゲームが好きな知り合いから、PCエンジン持ってるなら、絶対あそぶべき、というおススメで、買って遊んでみたのです😸

なかなかグロテスクなシーンがかなり多いんですが、すごく面白かったです。

ちなみに、やっぱりPCエンジンminiにも収録されているそうですね。名作だったんですね。 

f:id:NNP:20191107223445j:plain

上記画像は、KADOKAWA Game Linkage様のファミ通.comページより引用致しました。

 上の画像の下部中央のキャラクターがギリアン・シードさんです😸オールバックにトレンチコート?、いかにも刑事って感じのキャラクターでカッコいいですね。ジャンカーというアンドロイド:スナッチャーを捜査して破壊する職業の方なんです。

そしてタイトルにもなっているスナッチャーというのが、なんと人間を殺害して入れ替わる(スナッチする)アンドロイドなんです🙀怖いー🙀怖い怖い怖いー🙀怖すぎますー🙀なんでそんな怖すぎるアンドロイドが、未来の神戸にいるんでしょうかー(ゲームが進むと解明されるんですけどね😹)訳がわかりません😹

スナッチャーは人間と見わけがつかないし、スキャニングすれば判別できるんですが、なんと人権の関係から令状がないとできないんです(設定が細かいですね😸)

だから、ゲーム内では、まずスナッチャーが誰であるかを調べ、怪しい人物がスナッチャーであるための証拠を探していかなくてはいけないんです。すごい面白そうでしょ😸

このゲーム、設定やキャラクター、シナリオもすごくいいんですが、一番のポイントがやっぱり臨場感なんです😸音楽というか、演出が抜群にいいんです。おどろおどろしい音楽だったり、シリアスな音楽だったりすごい雰囲気でてるんです。特に、緊迫のシーンになるときの演出が最高なんですよー😸 

www.youtube.com

引用元:youtube

すごい緊迫感でしょ😸(あれっ、でもこのサムネイル画面のシーンは、別の意味の緊迫感がありそうですね😹)

でもゲームなんだけどホントにすごい緊迫感なんです。 自分が映画の主人公になったみたいになっちゃいますよ😸

この動画だと、そこまで怖いシーンがないんですが、ゲームが後半になってくるにつれて、ホントにすごい怖くなってくるんですよー🙀

あと、一緒に捜査してくれるロボットの名前が、なんと有名なメタルギアなんですね。(でもわたしは、まだメタルギアで遊んだことないんですが😸今度、遊んでみます😸 )

 

引用元:アマゾン

すごくプレミアついてるんですね😸びっくりでございます😸私が所有しているゲームソフトの中で一番高いかも😸

調べてみたら、ブレードランナーという映画をモチーフにしたらしいのですが(そういえば、観ようと思ってたんですが、まだ観たことない😿今度、観てみます)、スナッチャー自体は、なんかターミネーターに似てるかなって感じがしました。 

引用元:アマゾン

スナッチャーの ゲームミュージック集ですね😹カッコいいですね😹

へんな謎もあまりなくサクサク進んで、どんどんストーリーに入り込んでいって、映画やアニメの中の主人公になったような気がするほど、面白いですよ。

続編は、でないのかなー🐱

もし遊んだことない方がいらっしゃいましたら、ぜひ遊んでみて下さい😸オモシロイですよー😹すごい怖いんですけどねー🙀怖いんですよー🙀

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた😸 

おすすめレトロアニメー銀河疾風サスライガー

みなさま、こんにちは😹いかがお過ごしでしょうか😸

わたしは秋の夜長にレトロアニメをひたすら観てます😹

今回、ご紹介するのは、銀河疾風サスライガーです。

このアニメは、国際映画社さんが制作し、1983年からTV東京で放送されていたそうです。実はこのアニメは、J9シリーズ3部作という3つ作品の最後の作品だったそうなんですが、そのことを知らずに間違って最初に観てしまいました😹

f:id:NNP:20191103231227j:plain

上記画像は、NTTドコモ様のDアニメストア、銀河疾風サスライガーのページより引用致しました。

 このアニメは、ひたすら主人公たちのテンションが高い感じで、今まで観てたロボット関係のアニメとほんとに対照的なんです。日本の経済が成長してるころだからなんでしょうか、もう、イケイケな感じです。完全にパリピーの方々です😹

ヒロインの女の子とか、「おつかれちゃーん」って😸最近のギャグ?なのかと思ってたんですが、もうこのころから言ってたんですね😸(っていうかギャグでもなんでもなかったんですね)

この時代が、こんなノリだったなんて知って、ビックリ😹思っていた昔のアニメのイメージが完全に覆されました😹

やたらにみんなが「イエーイ」「イエーイ」って言ってるし、軽口の掛け合いもとっても面白いんです😹

主人公のチームのキャラクターのインパクトが強すぎて、なんかロボット(サスライガー)とか、J9号という乗り物(蒸気機関車みたいな宇宙船?)が霞んじゃってます😹でも、そこがこのアニメのいい所なのです😹

そもそも、ストーリーの最終目的が賭けなんですから。びっくりでございます。その時点で個性的なストーリーです😸調べてみたら、ジュール・ヴェルヌの80日間世界一周をモチーフにしていたそうです。なるほど😸 

引用元:アマゾン

(これが、皆様が乗っている蒸気機関車みたいな乗り物の変形後のロボット、サスライガーです😸)

そして、ナレーションが、それに輪をかけて、ノリノリなんです。これも、前にご紹介したボトムズの予告と対象的なんです。同じ時期のアニメなのにすごく対象的です。こんなにノリノリなロボットアニメってほかにもあるんでしょうか。(それともJ9シリーズとか、このアニメ制作会社のロボットアニメは、みんなこんな感じのノリなのかな?) 

引用元:アマゾン

 登場人物の皆様です。なんかこのころのアニメのキャラクターって必ずハンチング帽子?っていうんでしたっけ、かぶってますよね😸あと、すごいマッチ棒みたいなパーマ😸こんな感じのファッションとかヘアスタイルが流行ってたのかなあ?

このアニメのお気に入りキャラクターはD・D・リッチマンっていう謎のオジサン?です。リッチマンっていうくらいで、お金持ちみたいなんですが、すごいズッコケキャラなんです。それなのにオープニングのアニメの絵だと、やたらカッコいいおじ様なんです。なんなんですか、このギャップ🙀スミマセン、ただそれだけです😹😹😹

引用元:アマゾン

(すごい、これはカッコいいぞ😸素敵です。プラモデルなんでしょうか。レビューのコメントにダサカッコいいって書いてありました😹😹😹)

 日本サンライズさんとかのアニメと違い、なんか、ツイッターとかのネットでは、ほとんど話題に出てこないし、当時、観てる人が少なかったのかもしれないですけど(知ってる人、少なそうだもんなー)、私にはすごく面白かったし、キャラクターもストーリーもステキなので、絶対みたほうがいいと思いますよ😸

あと、話のネタにもきっとなります😸

そして、やなことがあってもこのアニメのノリをみれば、きっとがんばれます(ガンバガンバ👍️)

最後までお読みいただきありがとうございました。それではまたね😸